店舗メンテナンス・清掃・システム開発

これまで数多くの店舗出店支援業務に携わった経験・実績を元にクライアントのニーズに合致した店舗展開をトータルに支えます。
又、工事進捗管理システム(CAMMS)、店舗・営繕管理システム(ComZ)を開発し、クライアント様とリアルタイムで情報共有を致します。

画像

ComZ

CAMMS

・物件開発 全国に広がる協力会社ネットワークを通じ、地域に根差した物件情報を収集。
独自のノウハウでクライアントニーズに合致した物件の提案を行います。
・店舗計画 車、人、シチュエーションによって異なる導線の特性を把握し的確な店舗配置を提案。
豊富な実績に基づき、店舗計画と予算策定のお手伝いを致します。
・店舗設計/施工 短納期、小予算でもクライアントニーズを押えた店舗のデザインを行います。
内装・看板共に高クオリティの施工を全国で行います。
・既存店舗調査 店舗の老朽化や法令違反は企業にとって大きなイメージダウンにつながります。
既存店舗の問題を洗い出し、改善点を抽出する。新たな店舗づくり同様に大切な業務です。
・既存店舗活性化 調査によって明らかになった店舗の老朽化、申請等の漏れを是正するとともに新たな店舗として
生まれ変わらせるリニューアルまで、ユーザー・クライアントの目線に立って御提案致します。

フロー

単なる内装工事にとらわれず、提案力を前面にクライアントのニーズをしっかりと押えた高品質の工事を行います。

  • 状況把握:現地調査・チェックリスト・リサーチフォーム
  • ヒアリング:クライアント要望・オーナー要望・近況報告
  • 提案:図面・CG・お見積もり
  • 施工/管理:CAMMS・工程管理・情報システム
  • 報告:WEB報告書
現況把握
現地調査は全ての作業の基本となります。項目に漏れの無いよう、また必要な情報がプランニングへ盛り込まれるようチェックリストやリサーチフォームを用いて確実に実施致します。
ヒアリング
クライアントのニーズがどこにあるのか、プランニングのコアになるのはどの要素なのか。しっかりとしたヒアリングを行う事で、クライアント様にとって最も良い御提案ができるよう力を注ぎます。
提  案
図面はもちろんの事、完成イメージをしっかりと「魅せる」CGパース。
そして多数の施工実績に裏打ちされた「コスト」もまた、私どもコムデスの大事な御提案です。
施  工 /
現場管理
私どもコムデスは日本全国で内装工事を行っております。現場の状況を、遠隔地でも確認することができる工程管理システムCAMMSを用い作業を可視化します。
報  告
施工写真、完了報告書はWEB上で管理しクライアント様と共有致します。
  • CAMMS 多拠点での複数工程を一元管理

店舗の改修・営繕担当者の業務を強力にバックアップするシステム

現場から携帯電話のコンテンツを利用し、リアルタイムに情報をアップデート。
顧客、管理者、巡回担当者、施工者で情報共有を行います。

■システム概要 携帯端末から報告された各拠点の情報をWebブラウザにより、どの場所からでも確認できます。

これまで全国に多店舗展開する企業のバックアップ業務を行ってきたノウハウをベースに携帯端末を利用した店舗の情報管理システムを構築致しました。CAMMSは主に店舗に対する工事管理・工程管理をバックアップするシステムであり、ComZは店舗のメンテナス、営業情報をリアルタムに把握するシステムです。

CAMMSを用いた情報共有

VI.CI工事などの短期間での大量店舗数の工事を、リアルタイムに進捗・管理するソフトである。

本部(1)作業計画作成(2)端末での工事データ取得(3)作業進捗報告(4)作業状況確認

■機能概要

1.進捗管理機能

各拠点からの進捗報告をWeb上で一覧表示します。

  • ・オートアラーム機能による進捗報告促進
  • ・簡易操作による拠点作業者の負担軽減
  • ・進捗時間のリアルタイム反映
  • ・Web閲覧可のためインターネット接続環境下であれば、どこからでも閲覧可能
2.一斉周知機能

各拠点への情報をメールを使用し、一斉送信します。

  • ・各拠点における周知開封状況を管理本部で確認可能
3.トラブル管理機能

拠点からのトラブル報告を本部側で登録しトラブル状況を管理します。

  • ・CSVファイル出力機能による一覧表及び報告書作成支援
  • ・トラブル対応中の作業拠点を進捗状況画面で表示

工事管理体制

従来のVIでは事務局等を構成し末端の施工業者から上がって来る情報を精査し、確認し、振り分けて報告をクライアントへ上げていました。しかし、業者からの報告と事務局の確認に時間を要しスケジュールに影響を及ぼす事があり、結果クオリティーの低下を引き起こす要因となる懸念を排除できません。

問題点・情報の一極集中による混乱、誤解・情報そのものの遅延・手配ミス、確認漏れによる手戻り・対応を良くするためのマンパワー(人員の増加)

CAMMSを用いた工程管理ではクライアントも、事務局も、施工業者もCAMMSを通じて工程の確認をリアルタイムに行うため、進捗管理に掛ける人員を減らすことができます。また迅速にトラブル・エラーに対処することが可能となり、結果的にクオリティーの向上を望む事が可能になります。

改善点・情報共有化による、ミスの撲滅・リアルタイムの情報共有によるスピードアップ・マンパワーの削減(人員の削減)

CAMMSによる、コストダウン効果

従来のVIでは事務局等を構成し末端の施工業者から上がって来る情報を精査し、確認し、振り分けて報告をクライアントへ上げていました。しかし、業者からの報告と事務局の確認に時間を要しスケジュールに影響を及ぼす事があり、結果クオリティーの低下を引き起こす要因となる懸念を排除できません。

店舗開発

店舗清掃・メンテナンス

店舗を御利用されるお客様にとって快適な空間を維持する為には日々の清掃と予防的メンテナンスが必要となります。

しかし、どれだけ細やかに、時間をかけて清掃を行ったのか本当に必要なメンテナンスは何であるのかをつかむには
外部委託を行った場合、対象の拠点が増えるほど困難になります。

これらを正確に、かつリアルタイムに知ることができれば店舗を常にあるべき状態に保つ事が可能となり
トータルコストの面でも抑えることができると思われます。

私ども、コムデスではComZ(コムズ)という情報共有システムを利用しクライアント様とリアルタイムに店舗の状況、
清掃の実施状況を知ることが出来るように、メンテナンス・店舗清掃を管理しています。

ComZ(コムズ)システム概要

今回、弊社はComZという営繕情報共有システムを構築しこれまで店舗管理、営繕業務に掛ってきた膨大な労力を排しクライアント本部様とリアルタイムな進捗状況を共有することによって営繕管理のクオリティを高め、一層のスピードアップも図ります。
多拠点でのメンテナンス・営繕業務を一元管理できるComZシステムの利用を、是非ご検討いただきたいと考えております。

ComZメンテナンスサービス

従来のメンテナンス管理との違い携帯電話からComZへ修繕内容入力

従来のメンテナンスサービス Comzを用いたメンテナンスサービス

【改善前】

  • 1.今まで、清掃担当者・巡回警備・来店者等からバラバラに本部へ上げられたイレギュラー項目に対し、その都度担当者が対応に追われていた。
  • 2.修繕手配や見積書の承認など、様々な対応に追われる中で、コスト面・時間面での無駄が生じていた。
  • 3.修繕進捗具合が把握できず、一貫して管理が出来ていなかった。
  • 4.現場担当者が独自の管理で発注していた為、不効率な発注となり、コスト増になっていた。

【改善後】

  • 1.修繕業務の一括管理ができ、無駄なコスト・時間の削減に成功。
  • 2.店舗修繕履歴のデータが残る為、コストの見直しなどが可能に。さらに、煩雑になりやすい手配・受発注・請求の手間が激減。
  • 3.修繕進捗がWEB上で誰でもどこでも確認することが可能になり、より正確な現状把握により、修繕計画の見直し、事故防止の徹底に寄与することが出来るようになった。
  • 4.データを蓄積することにより、適正な作業サイクル及び作業計画のもと発注をすることで、コスト削減につながる。

対応サービス・対応エリア

■ASP対応サービス

店舗修繕情報の一括管理 現場から携帯電話のコンテンツを利用し、リアルタイムに情報をアップデートでき、顧客・管理者・巡回担当者・施工者で情報共有できます。また、指定する全ての期間ごと・店舗ごと・修繕項目ごとに修繕履歴及び修繕費用を見る事ができその内容を集計できるので、修繕計画の見直しを行うことが出来ます。
営繕進捗報告機能、管理機能 各拠点からの店舗状況報告をWEB上でリアルタイムに確認できます。
4階層チェック項目カスタマイズ お客様専用の修繕内容項目を作成し、全てのメンテナンスサービスをカバー。
WEB報告書 修繕内容や状況の確認も画像を見ながらスムーズに行うことが出来ます。
現状の店舗データを作成する事によって(仕様・図面・写真の)管理ができ、修繕対応もスピーディに。

オプションサービス

オプションサービス項目

4つのメリット

ComZを介し、全国にあるインフラでの店舗修繕・メンテナンスサービスでお客様をサポート

  • ・全国に対応したメンテナンスサービスの提供により、窓口の一元化が可能です。
  • ・メンテナンスボリュームを抱える事により、作業効率の向上が図れ、結果コストダウンに繋がります。
  • ・全国にある協力業者のネットワークを駆使し、一律のサービス提供が可能になります。

膨大な数の修繕データを蓄積することが出来るので、コストの見直しが可能に

  • ・指定する全ての期間ごと・店舗ごと・修繕項目ごとに出したいデータを抽出することが出来るので、修繕計画の見直しも可能です。
  • ・4階層のチェックシートを活用することで細かい項目まで網羅でき、明確な指示出しが出来る。

営繕担当者様の業務負担軽減に

  • ・請求業務や見積り・工事価格調整等の煩雑な手間を省け、また、CSVファイルで現場状況が一目瞭然に確認できるので、わざわざ電話をして現場状況の確認をする事も無くなり、営繕担当者様の負担軽減につながります。
  • ・修繕業務の一括管理により、業務の効率化が図れ、コスト・時間の軽減が可能です。
  • ・店舗に対するチェック項目・修繕対象項目は、お客様専用のカスタマイズが可能。

リアルタイムでの状況確認が可能

  • ・モバイル端末を利用することで、リアルタイムでの状況把握・情報収集が可能。
  • ・WEB上で修繕状況の確認が出来るため、手配ミス・連絡漏れを防ぐことが出来ます。

TOPへ戻る

煩雑な手配・受発注・請求の手間が激減!無駄を省き、コスト・時間の圧縮が可能に!

資料請求はこちら